避妊効果が高いと人気のアフターピル、ロエッテ

多様な薬

ロエッテは低用量ピルの一種であり、避妊や生理痛を緩和するという効果があります。
緊急避妊薬のレボノルゲストレルの成分が含まれており、アフターピルとして利用することもできます。
避妊具を用いずに性行為を行なった場合、24時間以内にロエッテを服用することで妊娠の可能性を95%回避できると言われています。
72時間以内の服用でも75%の確率で妊娠を回避することができます。

エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが主成分となっており、受精と着床を妨げることで避妊効果が得られるということです。
他の経口避妊薬と比べて副作用が少なく、安全性の高い薬となっています。
緊急時に妊娠を回避したいという場合、性交渉の72時間以内に1錠、その12時間後にさらに1錠服用することになります。

服用して3日~3週間以内に出血があれば避妊が成功したことになりますが、3週間を過ぎても出血がない場合は妊娠の可能性があります。
通常の低用量ピルとしてロエッテを使用する場合、生理初日を1日目として毎日1錠を服用することになります。
時間帯などに決まりはありませんが、毎日同じタイミングで飲むことを心がけましょう。
21日間に渡って服用したら7日間は服用を休止することになります。服用を休止すれば生理が起こります。

ロエッテはドクターに処方してもらうこともできますが、通販サイトで購入することもできます。
通販サイトなら値段が安くなりますし、手軽に購入することができるでしょう。
経口避妊薬は保険が適用されませんし、病院で処方を受けるとかなり高額になってしまうこともあります。
値段が高すぎると購入することが難しくなってしまうため、安く手に入れるために通販サイトを利用すると良いでしょう。

低用量ピルの中では最も避妊効果が高いとされています。
常備薬として利用したい場合も通販サイトで購入するのがおすすめです。
アフターピルのように使用することもできますし、副作用のリスクも少ないということでかなり人気の高い薬となっています。

ロエッテの副作用はむくみや体重増加、発疹、視力障害、肝機能障害などが挙げられます。
重篤な副作用のリスクなどはありませんが、症状の出方には個人差もあるので注意しましょう。
気になる症状が出てしまった場合やなかなか治まらない場合、ドクターに相談してみることをおすすめします。

従来のピルよりも副作用が少ないことが特徴

低用量ピルを服用していると、副作用の症状が現れることがあります。
副作用の症状は人によって違いますが、吐き気がしたり、不正出血などが起こりやすいと言われています。
服用を続けていくうちに徐々におさまって行くことが多いですが、人によっては副作用が続くこともあります。
種類を変えると副作用が出ないことも多いので、自分に合った低用量ピルを選ぶことが重要です。

また、低用量ピルの服用を続けていると、乳がんなどになりやすいのではないかと心配する人もいますが、乳がんになるリスクは低用量ピルを服用していてもほとんど変わりません。
乳がんだけではなく、子宮がんについても同様です。
低用量ピルの影響で将来妊娠しづらくなるのではないかと考える人もいますが、そういった心配もありません。
服用していても、妊娠のしやすさに影響を与えることはないからです。
妊娠してからお腹の中の胎児に影響を与えることもないので安心して利用することができます。

ロエッテは低用量ピルの中でも、有効成分の含有量が非常に少ない超低用量ピルに分類される医薬品です。
有効成分のレボノルゲストレルは0.10mgという含有量になっています。
エチニルエストラジオールの含有量も0.02mgと少量です。
そのためロエッテは、低用量ピルの中でも副作用が少ないとされています。

有効成分が少量だとせっかくロエッテを服用していても妊娠してしまうのではないかと心配になるかもしれませんが、避妊効果は高いので避妊薬として安心して使用することができます。
低用量ピルにも関わらず、アフターピルとして服用できるというメリットもあります。
生理痛による不快な症状を緩和する目的でも用いられています。