モーニングアフターピルで緊急避妊、ノーフェア72

病院

妊娠を望んでいない場合は避妊をしっかりと行うことが大事ですが避妊具をつけずに性行為をした、低用量ピルを飲み忘れたなどで避妊に失敗してしまう人は少なくありません。
そして避妊をしていても避妊具が破損してしまうなどのアクシデントが起こる場合もあります。
こうした場合は焦ってしまいますが、対策はありますのでまずは落ち着いて行動しましょう。

緊急で避妊をする場合はモーニングアフターピルが効果的です。
モーニングアフターピルのひとつにノーフェア72があり、こちらはノルレボのジェネリックとなっています。
ノーフェア72の有効成分はレボノルゲストレルとなっており、この成分は人工的に生理と同じ状態にすることで子宮内膜への着床を防ぎ、受精が起こらないようにしてくれます。

ノーフェア72の効果を得るためには正しい服用方法を守ることが大事です。
とはいえ、飲み方は特に難しいものではありません。
避妊の効果を発揮させるためには性行為から72時間以内に一錠を服用します。
低用量ピルとは違い、長く継続して飲む必要はありません。

72時間を超えた場合でもまったく効果が得られないというわけではありませんが、時間が経てば経つほど避妊の成功の確率は下がってしまいますのでできるだけ早く飲むことが大切です。
それゆえ、避妊に失敗した場合にもすぐに飲めるように事前に用意しておきましょう。
そして薬ですので副作用が起こる可能性がありますので服用前にはどんな症状が出るのか調べておきましょう。
ホルモンバランスが大きく変化することで体調に変化があることが予想されますので、強い症状が出た場合は早めに医師に相談することがおすすめです。

ノーフェア72は一錠で効果を得られる薬ですが、一時的に吐き気が起こることもあるとされています。
もしも服用後に1時間以内に吐いてしまったという場合は再度服用することとなります。
すでに妊娠している場合は利用できませんので、妊娠の可能性のある人は検査薬などで調べておきましょう。

よくある副作用は吐き気、嘔吐、頭痛、めまいなど

避妊はしっかり行うことが大事ですが、もしもの場合にはやはりモーニングアフターピルは頼りになる存在です。
毎日飲む低用量ピルは副作用が抑えられていますが、モーニングアフターピルはより強い効果がありますので、その分副作用は強いとされています。

ノルレボのジェネリックであるノーフェア72を利用する際も確かな避妊効果を得るためにはできるだけ早く飲みたいですが、服用する前には副作用についてもよく理解しておく必要があります。
ノーフェア72の有効成分はレボノルゲストレルは人工的に生理の時と同じ状態にしてくれるので妊娠を高い確率で防ぐことができます。
しかし、服用することで体内のホルモンが変化しますので、そのことで体調に変化が出る可能性があることは理解しておきましょう。

起こり得る副作用としては吐き気、嘔吐、倦怠感などが起こりやすく頭痛症状が出る人も少なくありません。
さらに予定外の不正出血が出ることもあります。
こうした症状は一時的なものですが、重篤な症状が出た場合は医師の診察を受けましょう。
そしてこの薬は妊娠中の人や重い肝臓病がある人は利用することができません。心臓病や腎臓病のある人も注意が必要です。

重い副作用としては稀に血栓に関わる症状が出ることもあります。
血流が低下することで手足の痺れや痛みを感じる場合もありますので、変化に気付いたら早めに医師に相談しましょう。
薬を飲んで1時間以内に吐いてしまった場合は再度飲み直す必要もありますが、吐き気を避ける方法では事前に食事を摂っておくこと、吐き気止めを飲んでおくなどがあげられます。
そして、ノーフェァ72にも飲み合わせの悪い薬やサプリメントもありますので、普段サプリメントや薬を飲んでいる人はそのことも医師に伝えておくことがおすすめです。