ジェネリックなので安さが嬉しいアンウォンテッド72

様々な薬

望まない形で妊娠をしないためには、避妊をきちんと行う事が大事です。
避妊具と言うと男性がコンドームを装着するというやり方が一般的でしたがこの方法だと避妊効果は約8割程度であり、男性がうっかり付け忘れる事も珍しくありません。
避妊するつもりだったのにきちんと行えないケースも起こり得るので、最近では万が一に備えてアフターピルを用意しておく女性が少なくないです。

アフターピルを性行為後に服用する事で、避妊効果を得て望まない形での妊娠を避ける事が出来ます。
望まない妊娠をどうしても避けたいと考えている人は、アフターピルを用意しておくべきです。
アフターピルといっても様々な種類の物が存在していますがおすすめの1つがアンウォンテッド72だったりします。

数あるアフターピルの中でアンウォンテッド72をおすすめする理由としては、安く手に入れる事が出来る点です。
アンウォンテッド72はレボノルゲストレル主成分としたピルであり、ノルレボというピルのジェネリック医薬品となっています。
ノルレボとほとんど同じ成分でしかも得られる効果は同等であるにも関わらず、ジェネリック医薬品であるだけに安く購入出来る点が魅力的です。

実際にアンウォンテッド72は安く手に入れられるにも関わらず、高い避妊効果を持っているので安心して使用する事が出来ます。
具体的には避妊に失敗してしまった場合でも、性行為から24時間以内に服用する事で約95パーセントの確率で妊娠を避ける事が可能です。
更に72時間以内に服用すれば、妊娠を回避する効果が得られるので緊急避妊薬として頼りになります。

アンウォンテッド72ですが、安く手に入る割に高い避妊効果が得られるのでついつい頼りがちになる人が少なくないです。
ですが後から強引に妊娠を避けるので、それなりに身体に負担が掛かってしまい、副作用が生じる恐れがあります。
副作用としては嘔吐にめまい、腹痛や頭痛等でありそういった症状が発症したら服用を止め医師に相談すべきです。

レボノルゲストレルが受精を阻害、着床を防ぐ

アンウォンテッドは高い避妊効果を誇るジェネリック医薬品で、アフターピルとして知られています。
ピルは女性ホルモンに影響を与える医薬品で女性ホルモンは主にエストロゲンとプロゲステロンの2種類に分かれます。
中でも生理周期の後半で大切な作用をするのがプロゲステロンです。

排卵が起こる前にLHと呼ばれているホルモンが分泌されこれをLHサージと言い、ここでプロゲステロンが投与されるとLHサージを抑制することができるので排卵が起こらなかったり遅延させることができます。
排卵がないので受精することはなく、レボノルゲストレルはプロゲステロンと同様の働きを有しているので排卵を抑えることが可能です。

このようなレボノルゲストレルは排卵しないよう調節することで受精を回避することができます。
プロゲステロンとして働くレボノルゲストレル(ノルレボ)は着床障害を起こす働きが有名です。
自然条件下において排卵した後5日~7日後に着床しやすくなります。
レボノルゲストレル(ノルレボ)を服用するとプロゲステロンの作用から着床しやすい環境が早期に作られ、受精卵が到達する頃には着床しにくい環境に変化する仕組みになっています。
これがレボノルゲストレルによって着床障害などが起こる理由です。

受精阻害作用を利用して妊娠を抑えるとも言われていて、注意しなければいけないことは性交渉後の72時間以内に服用することがあげられます。
日本での臨床試験において72時間以内にレボノルゲストレルを服用すると妊娠阻止率はかなりの高い数値になっています。
アンウォンテッドなどには副作用などがいくつかあるので服用する際はきちんと確認し、医師と相談してから服用をスタートすることをおすすめします。