更新履歴

アフターピルを通販で購入し、望まない妊娠を防ごう

カプセル

性行為後に妊娠を望まない場合は、アフターピルを入手して回避することが大切です。
アフターピルは服用タイプのホルモン剤で、性行為後に使用して効果を発揮するのが特徴です。
事後に使用する避妊薬ですから、アフターピルの入手方法を知ったり、正しい知識を身につけると役立ちます。

アフターピルなら万が一望まない妊娠の可能性が高まっても、服用次第避妊が実現します。
通販でも入手することができますし、病院に出向いて処方を受ける方法もあります。
低用量ピルは副作用の軽減が図られたもので、こちらはアフターピルとは違い、事前に計画的に服用するタイプです。
副作用の懸念が少なく体の負担が小さいですから、緊急時はアフターピル、通常は低用量ピルと使い分けるのが一般的です。

アフターピルを楽天やamazonで購入できる?

アフターピルの入手を考える時、楽天やamazonで購入できるのかという疑問が浮かび上がります。
このタイプの薬はこれらの通販サイトでの取り扱いはなく、一見すると通販では入手できないように思われます。
しかし海外通販におけるアフターピルの取り扱いはあるので、国内の楽天やamazonでは購入できないというだけです。

楽天などの国内通販サイトで取り扱いがない理由は、アフターピルが処方薬であること、それに国内では通販での販売が規制されていることの2点にあります。
仮にもし国内の楽天、あるいはamazonでアフターピルを販売する業者があるとしたら、それは薬事法を守っていない販売方法です。
商品が正規に流通する本物だとしても、こういったルールを守らない販売業者からの入手はリスクとなります。
服用するタイプの薬な上に、避妊を発生させる程の効果を持つホルモン剤ですから、安易に信頼性の低い相手からは購入しない方が賢明です。
本来は副作用に注意する必要のある、病院で処方される強力なホルモン剤なので、通販で購入するなら信用できるサイトの選択が不可欠です。
楽天やamazonを始めとする通販サイトは、薬剤師を据えて一般薬の販売は行っているものの、病院ではないので処方薬の取り扱いはありません。

低用量ピルに加えて、性行為後に妊娠を防ぐ効果を持つ薬全般も、取り扱いは行っていないものと考えられます。
これは薬事法におけるアフターピルの扱い、または処方薬という性質上しかたのないことです。
所が日本の薬事法の制限を受けない海外通販であれば、病院関係者でなく個人でも、アフターピルを購入したり入手できます。
個人輸入は個人の利用において認められた権利で、本人が使用する場合に限り行使することが可能です。
用法用量から1回につき1ヶ月分という購入量の制限はありますが、通常の使用では問題にならないルールだといえます。

むしろ病院に出向くのが恥ずかしかったり、避妊は自分で行いたいという人も、海外通販は無理なく購入できる方法になります。
理想的なのは病院で処方を受けたり、医師のアドバイスを受けて海外通販を始めることです。
ただ自己責任で正しい服用方法を理解して、副作用も踏まえて納得すれば、病院に出向くことなくアフターピルの使用が開始できます。
一般的に海外通販の商品は病院の処方薬よりも安く、塵も積もれば山となる価格差がある傾向です。
送料無料で販売を行う通販サイトも少なくないので、自宅にいながら入手できる利便性と合わせて、十分に検討してみる余地があります。

一方でamazonも日本ではなく海外向けなら、アフターピルの取り扱いはあって普通に購入できるようになっています。
アメリカだと価格は20ドル前後と安く、他の商品を購入するのと同じ感覚で手に入るのが驚きです。
ただし日本から購入できるのかと問われれば、日本向けの海外発送は行っていないと答えられます。
この制限はamazonの判断によるもので、独自のポリシーがそうさせています。
逆に捉えると、アメリカのamazonに出店する業者であれば、日本に発送してくれる可能性は高いということです。

amazonに拘る必要がなければ、日本向けに販売や発送を行っている通販サイトを選ぶのが、購入や入手を実現する簡単な選択肢です。
こういうサイトは日本語表記でサポート面も問題なく、正規に流通する信頼性の高い商品を取り扱います。
定期的に抜き打ち検査をして正規品か調べる、そういった独自のチェックを行う通販を選べばもっと安心です。

楽天などで気軽に入手できないのは残念ですが、国の定めるルールを守る必要がある以上は、理解して購入先を決めることが肝心です。
海外に目を向ければ、アフターピルの購入先は選択肢が豊富で、長くても2週間程度待てば手元に届きます。
アフターピルが病院で処方を受けなくても手に入るわけですから、海外通販の利用を行えば、国内通販で購入できないネックは問題ではなくなります。

アフターピルの通販は安全なの?それとも危険?

アフターピルの通販の安全性は、購入先の選択によって左右されるのが普通です。
通販と一口にいっても、業者の販売実績や取り扱い商品の質など、様々な要素が関係しています。
数十年単位で通販業を行っているサイトなら、安全性は利用者が既に認めているも同義です。
利用者の間で怪しい噂や報告がなければ、その通販サイトは信頼できるものと捉えられます。

反対に、最近登場した新興業者で知名度が低い場合は、利用者の口コミが出揃うまで警戒した方が無難です。
アフターピルは口にする物ですし、ホルモンの働きに作用する薬ですから、本物の入手が何よりも大前提です。
このような新興の通販サイトは信頼性が低く、最初の利用でいきなりアフターピルを購入するような相手ではありません。
本物を取り扱っているかどうかも不明なので、初めてアフターピルの入手を検討するなら、実績のある老舗を選ぶのが合理的です。
海外通販サイトの検討を行う際は、業者にどれ位の経営実績があるか、そしてどう評価されているかの確認がポイントとなります。

5年以上の経営実績は信頼に値しますし、10年以上なら老舗と認めて安心感が得られるでしょう。
更に商品や利用に関する問い合わせを行い、素早い反応と丁寧なサポートがあれば、そのサイトの評価は合格点です。
業者の所在地や連絡先の記載は基本中の基本で、経営責任者の名前も出ていなければなりません。
海外通販という性質故に、所在地は海外にある場合が殆どですが、日本国内にも拠点を置いてサポートする業者もあります。
アフターピルの抜き打ち検査結果が公表されていれば尚良く、安全性の確認や信頼の獲得に注力しているといえるでしょう。

アフターピル通販での入手は安全か、この問いには基本的に危険性はなく、条件を満たせば心配なく利用できると結論付けられます。
危険なのは新興や無許可で販売を行う業者で、仕入れのルートに不安を抱えている場合などが挙げられます。
新興か否かはインターネットの検索や口コミで分かりますが、許可を得ているかどうかの判断は困難です。

それでもライセンス情報を掲載して、信用の獲得に努めている業者なら、一定の信頼を寄せることができます。
業者の仕入れルートに関しては、国内に住む個人レベルでは追跡が不可能で、最初から最後まで確認できないのが実情です。
その為アフターピルを病院以外で入手する際は、相手との信頼関係が重要なので、念入りに精査して評価することが必要です。
長く経営実績を積み重ね続ける業者は、それだけで安定した仕入れルートが確保できていることを意味します。
場合によっては国内の病院で取り扱われる物と遜色がない、そんなアフターピルの入手が実現します。

危険を避ければ安全な入手は行なえますし、リスクを避ける方法は決して難しくありません。
初めての利用だと、本当に商品が届くのか、服用しても大丈夫なのかといった懸念が生じるものです。

服用する時に心配が拭えないなら、パッケージをチェックして本物かどうか確認するのがおすすめです。
今では個人輸入の利用者が多いので、偽薬の発見や本物との比較情報が充実しています。
パッケージは特に違いが現れやすい部分ですから、初めてでも真贋が判別できたりします。
そうした情報も踏まえて通販サイトを選び、アフターピルを購入して取り寄せれば、安全な入手や服用の希望が達成できます。

大手通販が取り扱う商品の入手が理想的ですが、国内では今の所それを実現するのは不可能です。
海外では入手性の問題こそないものの、今度は信頼が安全性のリスクとなって立ちはだかります。
安全な通販の利用ポイントは経営実績にあって、老舗と呼ばれる業者ならまず危険性はないでしょう。
一度本物だと分かる商品の入手が実現すれば、以降も病院に通うのと変わらないイメージで、アフターピルの入手や服用が続けられます。

今すぐ必要!通販はすぐ届く?即日発送や速達は可能?

海外通販は早ければ1週間、一般的には10日ほどで手元に届くイメージです。
具体的には決済のタイミングと、商品を発送する地域との距離が要点になります。
クレジットカード決済を受けている業者は、比較的早く決済の確認を済ませて商品の手配を行ってくれます。
数日以内には商品の準備ができて、そこから現地で発送拠点に向かい、日本へ発送後税関を経て手元に届く流れです。
現地での移動時間に数日、国境を越える日数は相手国によりますが、こちらも数日といった所です。

国内に到着後は税関の状況に左右される傾向で、スムーズに通されればまもなく問題なく届きます。
海外からアフターピルを取り寄せる入手方法ですから、海を越えるのに日数を要するのはやむを得ません。
つまり早く届くかどうかは、業者が商品を手配するタイミングであったり、現地での発送手続きによる部分が大きいです。
日本向けにサービスを提供する通販サイトは、日本人のニーズを理解しているので、所要期間を短縮する取り組みを行っています。
なるべく早く届けられるように、現地において効率的な手配の仕組みを用意したり、無駄なく合理的に発送を済ませるなどです。

海外サイトでも業者によっては、特定の条件下で即日発送を約束している場合もあります。
条件の内容は業者次第ですが、多くのケースでは締め切り時間までの注文を始めとして、即決済が完了する支払い方法の選択が代表的なものです。
人気商品は在庫の確保量に余裕があって、何時でも発送できる業者も珍しくありません。
後は業者に即日発送を行う気があるか、これが即日発送を実現する為の最終条件です。
即日の到着は非現実的ですが、1週間以内の到着なら十分に現実のものとなります。

性行為をしてから注文しても流石に間に合いませんが、もしもを想定して備えたり、予め入手しておくことはできます。
速達なら通常よりも時間短縮が可能ですから、今すぐ必要という状況での希望は叶えられなくとも、少しでも早く不安を解消する切っ掛けにはなります。

速達は通常配送より送料は掛かりますが、最低でも2日、最大で3日程度の期間短縮効果が現れます。
アジア圏はまだマシな方ですが、地域によってはマイペースな仕事っぷりで、発送までに時間が掛かるケースが発生します。
待たされるのが普通になっていますから、日本で生活して慣れている日本人であれば、多くの人にはイメージできないはずです。
海外通販で選べる速達は、そのような長引く時間を短縮できる魔法のような発送方法です。
マイペースに仕事をする人が占める海外でも、料金割増で利用できる速達の効果は絶大なようです。

通販における2、3日の短縮は馬鹿にできませんから、到着までの日数が短くなることを思えば悪くない選択です。
日本国内では即日配達が当たり前になっていますが、それでもサービスの恩恵が受けられる地域は限られます。
大抵は早くても翌日まで待つ必要がありますし、遠隔地なら2日待ちも珍しくなく現地では当たり前です。
国内配送期間に相当する日数が短縮されるわけなので、海外からアフターピルを取り寄せるなら、速達で早く届けてもらい安心を得るのもありです。
アフターピルは使用のタイミングが効果に影響しますから、商品注文から到着までの時間も早いほど安心が感じられる、そういった点が共通します。

今すぐ必要との期待には応えられませんが、即日発送であれば問題なく可能で、速達を選ぶと通販ですぐ届く希望に近い結果が得られます。
現在は流通の効率化が進んでいて、インターネット時代にマッチした環境が整備されています。
発注から手配までの時間短縮は当たり前で、決済もほぼリアルタイムで確認される時代です。
時間が掛かるのは人の手が介在する手作業や、事務的な手続きによる部分が大半です。
全体的に見れば発送や到着は早くなっていますから、アフターピルが今すぐ必要なので欲しい、そんな希望が叶う時代に近付きつつあります。